<   2010年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(破産手続き中)の診療報酬不正受給事件で、詐欺罪に問われた理事長の山本文夫被告(52)の判決が13日、奈良地裁であった。

 野路正典裁判官は「医師でありながら犯行を主導、繰り返した責任は重い」として、懲役2年6月(求刑・懲役4年)の実刑判決を言い渡した。

 判決によると、山本被告は、元事務長と元医療機器販売会社社長(いずれも詐欺罪で有罪判決が確定)と共謀。2005年1月〜07年5月、生活保護受給者の患者8人に、心臓カテーテル手術で血管を拡張させるステントを使ったように装い、計約830万円をだまし取った。

カーナビなど盗み、車で店員引きずり逃走(読売新聞)
港区医師会が新政治団体を設立(産経新聞)
夫婦別姓制度を導入=非嫡出子の相続差別撤廃−民法改正案(時事通信)
ワールド・カフェ参加者募集(産経新聞)
震災から15年 熱血60歳「心の壁越える」相互理解目指し外国語習得(産経新聞)
[PR]
by lotwshrvpd | 2010-01-17 19:41
 放射線の一種を照射して突然変異を誘発し、春と秋に咲くサクラの新品種を、理化学研究所などがつくった。室内では一年中咲かせることが可能という。

 研究チームは、山形県などで栽培され切り花として出荷されている「敬翁桜(けいおうざくら)」の枝10本に06年、加速した炭素イオンを照射し、接ぎ木により育てた。このうちの1本の系統は、温室で栽培すると季節を問わず一年中、花をつけた。野外では、春と秋の二つの季節に咲いた。ピンクの一重の花をつける新品種は「仁科乙女」と名付けられた。

 通常、日本のサクラは夏に花芽ができ、晩秋に休眠に入り、冬の寒さで目覚めて春に開花する。新品種は低温にさらされなくても、いつでも咲くという。また、冬の間低温にさらすと、4月の開花ではもとの品種の3倍も花をつけ、花持ちも長くなった。

 理研の阿部知子チームリーダーは「遺伝子の変異で、開花に寒さを必要としなくなったとみられる。この方法は傷つく遺伝子が少なく、育種年限を短くでき新品種開発にも有効だ」と話している。

 仁科乙女は3月から、一般向けに1株8000円程度で販売予定という。【下桐実雅子】

【関連ニュース】
白いトラ:五つ子の赤ちゃん…チリの動物園で誕生
ウナギ:祖先は深海魚? 川を上り、海で産卵の謎解明も
掘り出しニュース:リュウグウノツカイ:深海の珍魚上がる 黒部の海岸で
トラ:白い五つ子、こんにちは−−チリの動物園
白いトラ:五つ子の赤ちゃん…チリの動物園で誕生

片山氏公認問題 党大会後に先送り(産経新聞)
撃たれたのは元羽曳野市議長 「どうして…」凍り付く住民(産経新聞)
京都「四条京町家」、財政難で閉館へ(読売新聞)
振り袖姿でジェットコースター 「としまえん」で成人式(産経新聞)
「国民の声が解決の鍵」=拉致家族ら集会で訴え−大阪(時事通信)
[PR]
by lotwshrvpd | 2010-01-15 21:47
 愛知県内などで大量の偽1万円札が見つかった事件で、愛知、京都、滋賀、静岡の4府県警合同捜査本部は6日、いずれも愛知県豊川市の無職、河野大輔(23)と牧瀬和也(23)の両被告=偽造通貨行使罪で起訴=を通貨偽造容疑で再逮捕した。捜査本部は2人が09年8〜11月、同県東三河地域の個人商店などを中心に4府県などで約170枚の偽1万円札を使ったとみて、裏付けを進めている。

 容疑は共謀して09年11月19日ごろ、河野容疑者の自宅などで、プリンター複合機を使って1万円札をコピー用紙に印刷し、はさみで切って偽1万円札66枚を作ったとしている。捜査本部によると、2人はこのうち27枚を京都市内の牛丼店や愛知県豊川市内のスーパーなどで使用し、約24万5000円の釣り銭を得ていた。

 調べに2人は「釣り銭を稼ぎ、借金返済や遊興に使おうと思った」と容疑を認めているという。

 2人は中学の同級生。個人商店などを狙った理由について、河野容疑者は「ばれにくい店を狙った」と供述しているという。【秋山信一】

【関連ニュース】
強盗:容疑で2少年逮捕 余罪も追及−−飯塚署 /福岡
裁く・裁かれる:ながの裁判員制度 3月8日から、4例目の対象裁判 /長野
裁判員裁判:「家族考え更生を」 通貨偽造行使、被告に有罪判決 /熊本
裁判員裁判:通貨偽造罪の被告に猶予刑−−地裁判決 /岐阜
裁判員裁判:県内4例目 被告、起訴内容認める 懲役3年求刑、結審 /熊本

2010年お祭り最高
ワールドカップ実況中継
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 比較
[PR]
by lotwshrvpd | 2010-01-14 12:10
 天皇、皇后両陛下が年頭に各分野の学者から講義を受ける恒例の「講書始の儀」が12日午前、皇居・宮殿であった。皇太子さまや秋篠宮ご夫妻ら皇族方も出席した。

 進講者とテーマは▽青柳正規・東大名誉教授(65)=西洋美術史=の「ローマ帝国の物流システム」▽三谷太一郎・東大名誉教授(73)=日本政治外交史=の「政治制度としての『市民の司法参加』」▽飯島澄男・名城大教授(70)=材料科学=の「ナノサイエンスとナノテクノロジー」−−で、約15分間ずつ講義した。

薬剤師のまたーりぶろぐ
球根
無料携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
[PR]
by lotwshrvpd | 2010-01-13 19:03
 鳩山由紀夫首相は6日、藤井裕久財務相の辞任を了承し、後任に菅直人副総理を充てることを決めた。菅氏が兼ねていた国家戦略担当相は、仙谷由人行政刷新担当相に兼務させる。同日夜、首相官邸で記者団に表明した。

【関連ニュース】
<藤井財務相>慰留していた首相も検査結果次第で断念に傾く
<菅直人副総理はポスト鳩山の1人>気になる2人:菅直人副総理と岡田克也外相
<菅直人副総理>竹中氏と批判の応酬
<仙谷行政刷新相の発言>消費税税率引き上げ次期衆院選で問うべき
<仙谷行政刷新相の発言>「独法」「公益」も公開で仕分け方針

あつしのブログ
qlzi139olrの日記ブログ管理ツール
現金化
モバイル ホームページ
債務整理
[PR]
by lotwshrvpd | 2010-01-13 13:43
 学費が安い、自宅から近い、受験校数が少ない−。大手予備校「河合塾」(名古屋市)が、全国の高校教員を対象に受験生の進路選択について調査したところ、長引く不況が受験生の志望校選びにも影響し、国公立大志向が依然根強いことが9日、分かった。
 調査は昨年11月から12月、全国の公私立高教員計1822人に実施した。一昨年末の同様調査とは質問方法が異なるため単純比較はできないものの、いずれの設問でも不況の影響をより大きく反映した結果が出た。
 それによると、「通学可能な範囲の大学を選ぶ志向」について、「強まっている」「やや強まっている」としたのは、一昨年調査で計54.0%だったのが70.6%となり、「国公立大を目指す志向」も、「強まっている」「やや強まっている」が44.5%だったのが、58.8%に増加した。
 「私立大の受験校数を減らす傾向」も、「強まっている」「やや強まっている」が、39.8%から56.9%に増えた。
 河合塾経営企画部は「一昨年のリーマンショック以降、受験生家庭の経済状況は昨年度より深刻になっている。看護系や教育学部など資格が取れる学部の志望者も増えており、生徒の学部選びにも影響している」と分析している。 

すみこのブログ
釣り魂
出会いランキング
クレジットカード現金化 比較
即日現金化
[PR]
by lotwshrvpd | 2010-01-13 00:23
 5日午前2時15分頃、横浜市西区高島の国道1号で、「自分のタクシーの下で人が死んでいる」と、同市旭区のタクシー運転手(62)から110番があった。男性は頭などを強く打っており、搬送先の病院で死亡が確認された。

 神奈川県警戸部署幹部によると、死亡したのは同市南区の男性(59)とみられ、事故直前、路上に横になっていたという。男性は上半身裸のパンツ姿。現場に架かる歩道橋上には、白い靴と紺色トレーナーが脱ぎ捨てられていた。このため、同署は、男性が歩道橋から転落した後、ひかれた可能性があるとみて、死因や身元を調べている。

 現場は横浜駅東口前の片側3車線の中央車線。

ガジュマル君のブログ
がんぞうヒラメ
パチンコ攻略
出会いランキング
無料ホームページ
[PR]
by lotwshrvpd | 2010-01-12 17:35
 平野博文官房長官に関する新聞記事を読んで、不思議な妄想にとらわれた。

 5日に平野長官が語ったと報じられたのは、民主党政権になって「官僚の士気が下がっている」という内容の記事だ。

 面白いのは、この発言が平野氏本人が発したものではなく、省庁の事務方トップである「事務次官」が平野氏に言ったセリフだというところだ。

 しかも、平野氏はそれを、5日に内閣官房の職員に紹介した。なおさら面白い。

 そもそもは、平野氏が5日に事務次官を集めた会議で、事務次官から言われた発言だ。数日後の別の報道では、発言した当人は経済産業省の次官らしく、「民主党政権で官僚が指示待ちになり、官僚が不良資産に成りかねない状況だ」と次官が警鐘を鳴らしたと指摘したらしい。

 次官の危機感は、政治主導の過渡期の問題点で、それは政治家側が受け止める問題だ。目標を明確に提示して、官僚に仕事をさせる力量が政治家にも必要という話にもなろう。

 だが、実は私が妄想を広げたのは、上記のような、次官発言の真意ではない。この発言を事務次官から聞かされて、それを内閣官房の職員たちに紹介した平野氏のメンタリティー(精神性)についてだ。

 平野氏は、どういう気分で、この次官発言を紹介したのだろうか。

 妄想は広がる。別な状況を設定してみると簡単に妄想は広がる。

 ある民間会社で取締役(平野氏)が、各部の部長(事務次官)が居並ぶ会議に出席する。

 すると、部長(事務次官)の一人が「経営側(閣僚たち)が今のようなやり方をしているようでは、社員(官僚)の士気がさがるんだ」と怒る。

 ところが、その取締役(平野氏)は、その話を、次に開かれた「課長」や「平社員」(内閣官房職員)のいる会議で披露する−。

 「モチベーションが下がっているのではないか、という言葉もある」

 当時の職員訓示内容を少し具体的に調べてみると、平野氏は、次官発言を紹介した後で、「困ったことがあれば、私なり、内閣官房副長官に直接言ってくれれば結構です。こんなことが問題だと思えば、忌憚なく言ってほしい」という趣旨のことを言い添えている。

 この平野氏の発言を聞くと、平野氏は、「さっきの会議で、部長たちからこんな発言ありましたよ」とただ紹介しただけでもなく、「部長さんたちに、士気が落ちていると怒られちゃいましたよ。本当に士気が落ちてますか、そんなこと言わずにがんばりましょうよ」と、軽いジョークで職員の肩を叩いたわけでもなさそうだ。

 平野氏はこんな気分だったのではないだろうか。

 「部長たちとさっき会議をしてきたんです。部長もみんなの士気が下がっていると言っていました。私もそう思います。私はあなたたちの味方です」

 「士気を下げているのは、社長とか、副社長とか、別の取締役ですよね。私じゃありませんよね。私はあなたたちの味方ですよね。士気を下げるようなほかの取締役は困ったものですね。でも私についてきてくれれば大丈夫です」

 「おれはちゃんと指示を出しているが、指示も出さない閣僚がいるんだってよ。こまった閣僚だよね」

 そういう気持ちで平野氏は事務次官の発言を紹介したのだろうか。

 ひょっとすると平野氏が、事務次官の口を使って批判しているのは、あの閣僚のことなのか、いやいやあいつか?

 平野氏が批判している指示を出さない駄目な上司というのは、鳩山由紀夫首相、その人なのではないだろうか。これは鳩山批判なのか?

 ちょっと待ってほしい。

 こういう発言は、会社で例えれば、経営側にいながら、一人だけ「いい子」になろうとする発言とみなされないだろうか。

 本来なら、こんなことを事務次官に言われたら、この取締役(平野氏)自身がかみしめて、それを役員会(閣議、閣僚懇談会)などで、他の閣僚たちにしっかり指導していくべき問題なのではないだろうか。

 内閣の中では発信せず、他の閣僚たちと戦うこともなく、社員の前では「いい子」になろうとする取締役なのではないだろうか。

 平野氏はいったい…?

 私の妄想とは違って、平野氏の発言は深慮遠謀。「あのときの平野氏の発言は、こんなにも奥深いものだったんだなあ」と感心するようなときが来るのかもしれないが。(金子聡)

【関連記事】
「政治主導」官房長官訓示に次官から不平「霞が関の士気が下がる」
普天間「決断、知事にお願いするかも」 官房長官、会談で表明
“連合思い”の官房長官 「政策要求の総合窓口」との評価も
財務相は“呪われた”ポスト? 3代続いて体調に異変
鳩山首相、ツイッター「始めたからには、続けていきたい」

人生は奇なり
歯科医のお仕事
クレジットカード現金化
携帯ホームページ
アフィリエイト ホームページ
[PR]
by lotwshrvpd | 2010-01-12 12:05
 瀬戸内海の景勝地「鞆の浦」(広島県福山市)埋め立て架橋問題をめぐり、湯崎英彦・広島県知事は5日、11日に現地を視察し、県と市が進めてきた架橋計画について、推進と反対の双方の立場の住民と意見交換することを明らかにした。湯崎知事は「今年中の問題解決を目指したい」としており、視察を通じ、両派の住民と県、福山市の4者が一堂に会して対話する場を設けるよう提案する。

 対立が根深い推進派と反対派が同じテーブルで対話する集会の実現性について、湯崎知事は「架橋計画の是非を前提としなければ、話し合いは可能と思っている」と説明。対話の内容を県施策に反映させるかどうかについては「話し合いの展開次第だが、まずは合意形成を第一に目指したい」との考えを示した。

 対話による対立解消を呼びかける一方、県は平成22年度予算に架橋計画の関連予算を盛り込み、国に対して埋め立ての認可申請手続きを続ける方針を固めた。県は、埋め立て免許の差し止めが命じられた昨年10月の広島地裁判決を不服として控訴しており、裁判継続の前提となる予算計上が必要と判断した。

 予算計上について湯崎知事は「(差し止め判決を確定させないための)裁判技術という要素が大きく、あくまで形式的なもの。住民との間で結論を得ないまま予算を執行することは考えていない」としている。

【関連記事】
鞆の浦「架橋を前提とせず議論」 広島新知事
龍馬の船「いろは丸」のネクタイ発売 福山の百貨店
鞆の浦原告団「環境調和の街づくり30年遅れる」
鞆の浦訴訟「県は控訴を」 推進派、知事に申し入れ
鞆の浦訴訟 宮崎駿監督「いい一歩を踏み出した」

gremrpyetbのブログ
六本木の徒然草
自己破産
クレジットカード現金化 即日
クレジットカードのショッピング枠を現金化
[PR]
by lotwshrvpd | 2010-01-09 13:38
 再生可能な自然エネルギーの自給率が最も高いのは大分県‐。千葉大の倉阪秀史教授(公共政策論)と特定非営利活動法人(NPO法人)環境エネルギー政策研究所が共同調査で明らかにした。2008年の同県の自給率は25・2%。都道府県別で2年連続1位。地熱発電所があり、温泉熱の利用が多いのが要因で、倉阪教授は「都会よりも地方の方が先進的」と分析している。

 都道府県別の2位は富山(16・7%)、3位は秋田(16・5%)。九州では、地熱、風力発電が多い鹿児島が9・7%で7位、小規模な水力発電所が多い熊本が8・6%で9位と上位に入った。

 九州はこのほか▽宮崎5・7%(17位)▽佐賀5・3%(19位)▽長崎2・8%(29位)▽福岡1・2%(39位)

 調査は国やエネルギー関係団体などの各種データから太陽光、風力、水力、バイオマス、地熱など自然エネルギーの年間総供給量を地域別に細かく計算。工場、輸送用部門などを除き、民生、農業・水産業両部門で使う電力・熱需要量(地域需要の半分強)と比較して自給率を割り出し、昨年12月に結果を取りまとめた。

 国内全体の自給率は3・1%。市町村別では、熊本県五木村が1位、大分県九重町が3位、熊本県水上村が4位、宮崎県西米良村が8位など。全国の50自治体が100%を超えた。

=2010/01/07付 西日本新聞朝刊=

刑部課長伝説
Baconのブログ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化
競馬サイト
[PR]
by lotwshrvpd | 2010-01-08 16:18