舛添氏「時期が来たら」新著で首相の座に意欲(読売新聞)

 自民党の舛添要一・前厚生労働相が、新著「内閣総理大臣 増補版」(角川書店)を10日に出版する。

 最近の各社世論調査で自らが「首相にふさわしい人」の上位に取り上げられていることを踏まえ、「むろん時期が来たら、私自身がリーダーシップを取ることを拒否はしない」として、首相の座に意欲を見せている。

 著書では、鳩山政権の迷走ぶりから、今後、政界再編が起きると“予言”。「新しい自民党として生まれ変わっていれば、再編に乗じて新・自民党に多くの優秀な人材を吸収できる」として、党の「新生」を呼びかけている。

神奈川いすゞ、車検でブレーキ整備せず「済み」に(読売新聞)
外出伴う公務見合わせ=陛下、体調万全でないと宮内庁(時事通信)
【中医協】「療養病棟初期加算」は名称を変更へ(医療介護CBニュース)
元厚生次官ら連続殺傷事件 きょう結審(産経新聞)
【中医協】脳血管疾患リハ料、廃用症候群の加算を新設へ(医療介護CBニュース)
[PR]
by lotwshrvpd | 2010-02-12 05:39